保育園ワーキングホリデー

 
全国の魅力的な保育園で働きながら、暮らしも楽しめる。
子育て卒業世代のための、新しい地域貢献×子育て×学びの滞在体験。
保育園ワーキングホリデー、はじめませんか?
*後でまた本ページをご確認されたい方はブックマークを推奨いたします。

CONCEPT

子育てで、地域貢献と学び直しを。

自身の子育ては卒業し、自由になった。
ここからは新たな挑戦もしたいし、
でもやっぱりこどもも好き。
 
そんな新しいフェーズにいる大人世代に、
学べて貢献できる、新しい挑戦と体験を。
 
子育て卒業世代のための、
新しい地域貢献×子育て×学びの体験。
 
地域で暮らしながら保育園で働く。
保育園ワーキングホリデー、はじめます。

保育園ワーキングホリデーとは

保育園ワーキングホリデーは、地域の保育園で小さなこどもと触れ合い、学びながら地域貢献ができる2週間〜数ヶ月の滞在体験です。
 

2週間〜数ヶ月の、保育園で働く環境と、住まい環境をアレンジいたします。

保育園ワーホリの特徴

1. 地域の保育園で働ける

保育園ワーホリでは、実際に地域の保育園のサポートを行います。子育てを一通り経験しているからこそ、経験やスキルを生かして地域の子育て支援ができ、地域創生や子育て環境の拡充に貢献できます。
また、地域ならではの素晴らしい保育をしている保育園に通うことで、保育の現場とプロから学びを得ることができます。
保育補助として参加するため、保育資格は原則不要です。

2. こどもと触れ合える

 
こどもと触れ合うひとときは大人自身も癒しになります。
小さな子をだっこしてあやし、元気なこどもと一緒に遊ぶことで、また自分も元気をもらう体験となります。

3. 2週間~数ヶ月の移住体験ができる

保育園ワーホリでは、保育園のサポートをしながら、地域へのお試し移住体験ができます。2週間~数ヶ月生活できる滞在施設をご用意。
ふだんの環境を離れ、新しい土地に暮らしながらその土地を開拓したり、道の駅でおいしい食材を買って料理したり、のびのびと生活を楽しむことができます。

大切にしていること

こどもの未来、地域の未来、ご自身の未来のためにつながることを大切に、全国の自治体・保育園と協力してはじめます。
 
 

保育園ワーホリができる園

全国各地の魅力的な保育園で、働きながら学べます。

海や山に出かけるお散歩コースや、遊び方、地元ならではの給食...保育園は土地の魅力的な生活文化が最も現れている一つです。保育園ワーホリでは、全国の魅力的な保育園でのサポートを通じ、暮らしを体験することができます。(提携園現在拡大中。北海道/岐阜 etc. )
 
例:岐阜県美濃市・美濃保育園
岐阜県南部に位置し、清流長良川と緑濃い山々に囲まれた美濃市。まちの中心部『うだつの上がるまち並み』には、伝統的な建造物が軒を連ねます。
認定こども園『美濃保育園』は、まちのお寺が代々運営を続け、「おおきく根をはり、ゆっくりのびろ」の精神で、林業の町として地元木材の園舎やおもちゃでの「木育」を通じて、こどもたちの成長をおおらかに見守っています。
 
様々な園と連携準備中なので、詳しくはぜひお問い合わせください。

一週間の流れ・体験スケジュール

💡
・1日6H程度 ・週4の保育園勤務と、週1の休息日 ・日曜in/土曜out (期間:2週間~)

▼体験スケジュール(イメージ)

日曜チェックイン(初日)
月曜 13時〜16時 入園式 ・保育園ワーキングホリデープログラムの説明 ・翌日から勤務に向けて、現場で慣らし保育補助
火曜8時〜14時 保育園勤務 ※1時間ランチ休憩含む
水曜 休息日
木曜 8時〜14時8時〜14時 保育園勤務 ※1時間ランチ休憩含む
金曜 8時〜14時8時〜14時 保育園勤務 ※1時間ランチ休憩含む
土曜休日

▼滞在期間

2週間~数ヶ月を予定。
滞在期間によってスケジュールは変動します
日曜チェックイン、土曜チェックアウト

保育園での一日の流れ・勤務日の例

8:00
勤務
登園
朝元気いっぱいに登園してくるこどもを迎え入れ!
保育士の先生方をサポート
9:00午前遊び(園庭遊び・散歩・クラス活動など
その保育園ならではの遊びを一緒に楽しみましょう
12:00給食
その地域ならではの給食なことも!
配膳や食事をサポート
13:00お昼寝(連絡帳記入など
こどものすやすや眠る寝顔を見守りましょう
14:00
勤務終了
午後遊び〜勤務終了
その保育園ならではの遊びを一緒に楽しみましょう
16:00帰りに地域を散策・地元のカフェで一息
地域の散策や交流でじぶん時間をゆったりと
17:00地域食材を買出し・夕食
道の駅などでおいしい地物を調達してご飯へ

滞在施設について

暮らしていただくのは、2週間~数ヶ月暮らせる滞在環境です。
寝具、洗濯機、冷蔵庫、フライパンや鍋などの調理器具、電子レンジ、炊飯器に食器まで、一通り揃えています。基本Wifi完備。 実際に現地に溶け込むように暮らしながら地域暮らしをお楽しみいただけます。

参加費用

保育園とのアレンジ、滞在場所のご用意をトータルパッケージでご提供します。
別途、謝礼が保育園からございます。
参加費用 2週間 (参考価格)10〜15万円(予定)参加費用としてお支払いいただくもの
含まれるもの・保育園ワーキングホリデープログラム料 ・宿泊費 (生活備品:テレビ、冷蔵庫、炊飯器、洗濯機、電子レンジ、食器類等、Wi-Fi利用料 など ・保育園とのコミュニケーションアレンジ *事前に30minのzoomセッション有 *交通費・食費などは別途
謝礼4万円程度/2週間 別途、園からの謝礼がございます。 保育補助いただいた分を園の規定にあわせて園から謝礼をお渡しします。謝礼として受け取っていただくもの

お申し込み・お問い合わせ

ぜひ、お気軽にお問い合わせも含めてご連絡ください!
▼保育園ワーホリお申し込みフォーム
 
フォームを確認いたしまして、場所や期間のご提案をさせていただきます。
事務局より1週間めどに具体的なアレンジのご連絡をいたしますので、
少々おまちいただけましたら幸いです。
 

ご参加までの流れ

①お問い合わせフォームから申し込み
ご希望の日程をお選びいただき、保育園ワーキングホリデーお問い合わせフォームから申し込みをお願いします。
②事務局との面談
数営業日以内に事務局から連絡があります。
ワーキングホリデーが決定した場合、事務局との面談を設定させていただきます。
③園との面談
ワーキングホリデーの事前に先生とのオンライン面談を設けています。
業務内容や持ち物などの質問や、気になることをお伝えください。
④園との契約書締結・必要書類の提出
⑤ワーキングホリデーへ出発
お仕事に必要なもの・宿泊先の条件等をチェックして出発!

スライド資料

Google Drive

 
運営者:株式会社キッチハイク
GOOD DESIGN賞受賞、内閣府、国土交通省はじめ様々な地方創生アワードを多数受賞する「保育園留学」を展開する地域創生スタートアップです。